2019ノルウェー&イビサ旅行記(10) イビサ出発〜アムステルダムのマリファナ事情

asato


2019_norway-ibiza_day10_01.jpg

前回の旅行記から間が空きましたが、続きです。
前回の記事:2019ノルウェー&イビサ旅行記(9) フォルメンテーラ島〜逆さ吊りパーティ


12時にホテルをチェックアウト。スタッフの人親切で良かったな〜 プラヤデンボッサに宿をとるならまたここに泊まりたい。


2019_norway-ibiza_day10_02.jpg

タクシーを呼んでもらって空港へ。
フライトは15:00発のアムステルダム行き。KLMで航空券を買ってたけど、この便は系列会社のトランサヴィア航空の運行。この場合オンラインチェックインが出来ず、チェックインはトランサヴィアのカウンターで直接行う。12:30の時点ではまだカウンターが開いてない。カウンターの近くで待ってたら、出発2時間前になるとレーンが設置されて人が並びだしたので、列に加わる。



2019_norway-ibiza_day10_04.jpg

Pachaショップで買ったステッカーをスーツケースに貼ってみた


KLM便のフライトには預け荷物が含まれてるはずなのに、トランサヴィアでチェックインする時に料金を別途払わされるというトラブルをネット上で散見するので、KLMのサイトから、預け荷物が含まれていることが書いてあるeチケット(英語版)を印刷していった。(Expediaで航空券予約したが、Expediaのサイトのeチケットには荷物についての情報が書いてなかった)すると問題なく荷物を預かってもらえた。関空までスルーで行くらしい。カウンターのスタッフのお姉さんが日本好きらしく、パスポート出したら「オハヨウゴザイマス!オオサカね、オオサカ!カワイイ!」とかめっちゃ言うてくれた。(笑)



2019_norway-ibiza_day10_05.jpg

搭乗待ちの間、空港の店でお買い物。



2019_norway-ibiza_day10_06.jpg

イビサコーヒーのカップ付きセットと、ネスプレッソ用カプセルを購入。でもネスプレッソ本体を持ってない。(笑) カプセルはカフェインレスのタイプもあった。



2019_norway-ibiza_day10_07.jpg

2019_norway-ibiza_day10_08.jpg

イビサ名物の塩を使ったポテトチップス、美味しかった。袋のデザインもなんかラグジュアリ〜
初めてイビサ行った時に買って美味しかったソフトキャンディに再会。もちろんこれも購入。



2019_norway-ibiza_day10_09.jpg

2019_norway-ibiza_day10_11.jpg

2019_norway-ibiza_day10_12.jpg

空港内のクラブのショップの数は前より減っていた気がする。Pacha、Hi & Ushuaia、あとはHard Rock Cafeくらい。前にあったAmnesiaの店はなかった。(お土産店の一角にAmnesiaグッズコーナーはあった)前回行った時にはあった、David guettaのF*** ME I’M FAMOUSラウンジもないっぽい。あとSuperdry(極度乾燥(しなさい)の店があった。



2019_norway-ibiza_day10_13.jpg

イビサを出発。寂しい(´;ω;`) またね〜〜〜!!!


2019_norway-ibiza_day10_14.jpg

2019_norway-ibiza_day10_15.jpg

飛行機は30分ほど遅れて出発。トランサヴィアはLCCなので、ドリンクなどは有料。コーヒーを飲みたかったのでカプチーノを購入、3ユーロ。



2019_norway-ibiza_day10_16.jpg

アムステルダムのスキポール空港に到着。



2019_norway-ibiza_day10_17.jpg

到着ホールの売店でお花を売ってる



2019_norway-ibiza_day10_18.jpg

到着ホールを出た所にある、有名な I amsterdamのモニュメント



2019_norway-ibiza_day10_19.jpg

アルバートハインという、オランダで一番ポピュラーなスーパー



2019_norway-ibiza_day10_20.jpg

日本食コーナーがある。晩ごはん用にSUSHIを購入。



2019_norway-ibiza_day10_21.jpg

アムステルダム中央駅までの切符を券売機で購入。カードか、コインで支払い。5.5ユーロ。
空港の到着ロビーから直接ホームへ行ける。改札がないけど、切符をチェックインするための刻印機があるので、そこで忘れずにタッチする必要あり。



2019_norway-ibiza_day10_22.jpg

2019_norway-ibiza_day10_23.jpg

目的地または経由地にAmsterdam C. とかAmsterdam Centraalの表示がある電車に乗る。所要時間15分くらい。24時間運行してるし、便利だね〜
日本の地下鉄なんかも深夜は本数少なくていいから24時間運行してくれたら良いのにな〜



2019_norway-ibiza_day10_24.jpg

2019_norway-ibiza_day10_25.jpg

アムステルダム中央駅に到着。



2019_norway-ibiza_day10_26.jpg

ホテルは大通り沿いにあった。
このホテルは立地が素晴らしいけど、なんか建物が古くて不安。(笑) ドアストッパーが欲しい…!
使用済のeチケットを印刷した紙を畳んで分厚くして、ドアの下に挟んでみるとなかなか良い感じ。あと部屋のテーブルと椅子をドアの前に置いてパリケードを作ることにした。笑
※余談ですが、海外旅行時にはドアストッパーがあると防犯上良いですよ



2019_norway-ibiza_day10_27.jpg

チェックインする時に渡された案内の書類。
ホテルの部屋での喫煙は厳禁、喫煙したことがわかった場合は200ユーロの罰金と太字で書いてある。
アムスのホテルは大体どこも禁煙にしてるみたい。部屋で大麻なんかを吸うと、タバコ以上に火事の危険が大きいからでしょうね…


オランダでは、マリファナやマジックマッシュルームなどのソフトドラッグは違法ではないとされていて(ただし合法でもなく、非犯罪化)個人で使用する量の上限を守れば、所持・使用しても逮捕されることはない。近年ではアメリカやカナダで大麻が合法化されてるので、やや影が薄くなった感はあるけど、それでもすごいよね〜



2019_norway-ibiza_day10_28.jpg

ちょっと街へ出てみる。


2019_norway-ibiza_day10_29.jpg

2019_norway-ibiza_day10_30.jpg

H&Mの店なんかが並んでいる大きな通りに、Coffee ShopやらCannabisの文字が… マッシュルームもあるよ…
420ってのも、マリファナの隠語です。(米警察の麻薬捜査で使われていたコード番号だったとか、由来には諸説あり)



2019_norway-ibiza_day10_31.jpg

ここは有名な「ブルドッグ」というコーヒーショップ
なぜかイビサのスーパーでも、この店のロゴ入りグッズを売ってた。



2019_norway-ibiza_day10_32.jpg

この通りに有名コーヒーショップが多数あるけど、このあたりはめっちゃ駅前です。
思った以上に大っぴらに展開されててびっくりした。w
(ただ写真に写りたくない人も多いので、店の真ん前とかでは撮影しない方が良いです…)


ここまでで22:30くらい。明日のフライトが早いのでホテルに戻る。
部屋のテレビは地元のテレビ局のニュースなどを放送していた。フランスのニュース番組を英語版にしたチャンネルがあったのでそれを流しつつ、シャワー浴びてすぐ寝る。



次の記事に続く。



関連記事
スポンサーサイト



Posted byasato

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply