SIMフリーのiPhone6s+MVNOへ乗り換えた話

asato

20151115_01.jpg

SoftbankのiPhone5をもう3年間使っていましたが、買い換えたい & ついでに2年縛りとかから解放されたいってことで、iPhone 6sのSIMフリーモデルを購入し、MVNO、いわゆる格安SIMに乗り換えてみました。

乗り換えの手順についてまとめてみます。



移転先MVNOのSIMが使える端末を用意

MVNOの通信会社は、ほとんどがdocomoの回線を間借りしているので、実はdocomo用のスマホがあれば、そのままSIMを差し替えて使えます。

私はSoftbankの端末しか持ってないので、以下の3択くらいになります。

・SIMフリーの端末を買う
・手持ちのSoftbank端末のSIMロックを解除してもらう
・docomo端末の白ロムを中古などで買う

今回は新しいのを使いたかったので、iPhone6sのSIMフリーモデルをAppleで注文。もちろん3大キャリアで機種変した時のような割引は適用されないので、高いです。高いし、以前の教訓を踏まえてApple Care+にも加入。16GB、64GB、128GBの3モデルがありますが、64と128で迷った末64GBを選択。



Amazonとかで移転先MVNOのSIMを買う

MVNOの会社は沢山ありますが、

・老舗ですでに実績がある
・iPhoneでの動作確認を公式で行っている
・友人で使ってる人がいる

などの理由で、IIJmio(みおふぉん)を選択。



このAmazon限定版は定価?より安いですが、サービス内容は変わりません。音声通話付きのパックを選択。

このパックにSIMカードは入っていません。申込用のエントリーコードと、開通手続きの流れについて書かれた書類が送られてきます。IIJmioのサイトで必要事項を書いて申込むと、後日SIMカードが送られてくるという流れ。(少々時間がかかる)



MNP予約番号取得

移転元の携帯キャリアに電話するか、ショップへ行ってMNP予約番号を取得します。MNP予約番号の有効期限は15日間で、期限までに乗り換え手続きをする必要があります。IIJmioでは、申込の時点で7日間以上を残していないとSIMカードの申込ができません。



IIJmioのサイトで加入申込

サイトで必要事項を記入して申込。SIMカードのタイプをここで選択。iPhone 6sの場合は、nano SIMです。ほか、MNPで加入する場合はMNP予約番号などを記入。本人確認書類の写真を撮りアップロードして送信。すごい簡単!翌日には書類確認できた & SIMカード発送準備に入ったとのメールが届いた。



新しいiPhoneへデータを復元

MVNOへ乗り換えるにあたり懸念していたのが、LINEの設定…
MVNOでLINEを使う場合、LINEの仕様の関係で、年齢認証ができない=ID検索機能が使えないんですね。回避策はあるようですが、3大キャリアのSIMを切ってしまってからではいろいろ面倒そうなので、SoftbankのSIMが生きているうちに新しいiPhone6sにこのSIMを差し替えて、セルフ機種変更をしてみることに。

事前に、iTunesに今まで使っていたiPhone 5のバックアップをとっておきます。ここで「バックアップを暗号化」しておけば、LINEのトーク履歴も引き継がれます。


20151115_02.jpg

自分でSIM差し替えるのは初!iPhoneに付属するピンで、穴の所をちょっと力を入れて押すと、SIMカードスロットが飛び出てきます。


20151115_04.jpg

iPhone5からSIMカードを取り出し、iPhone6sへ差し込んで、電源ON!

いくつか画面を進むと「新しいiPhoneとして始める」・「バックアップから復元する」を選ぶ画面が出てくるので、ここでPCにつないでiTunesのバックアップから復元します。



SIMカード到着

20151115_05.jpg

20151115_06.jpg

IIJmioのSIMカードが届いた!

IIJでは今年9月から「おうちでナンバーポータビリティ」というサービスが始まり、ユーザが自分で携帯会社切り替えの手続きを行えるようになりました。これまでは、MNP申込をした時点で携帯会社側で切り替えをしていたので、移転先のSIMカードが届くまでの数日間、電話が使えなかったんですが、新しいサービスでは、SIMカードが届いてからユーザが自分で専用の電話番号に電話をかけて開通手続きをして数時間後に開通、という事が可能になりました。

SIMに同封してある開通手続きの説明書を見ると、MNP期限の前日までに開通申込をして下さいとある。電話受付は19時まで。もう明日が期限だけど、このカードを受け取ったのが20時。明日勝手に切り替わるのを待つしかないか…(期限までに開通手続きをしなければ、MNP期限最終日に自動的に開通される)

てことで、いったん寝る。



乗り換え完了

寝て起きたら、iPhone 6sが圏外になってた!回線が切り替わったらしい。IIJ mioのSIMに差し替えて、APN設定ファイルをiPhone 6sへインストール。(IIJmioの回線でネットワークを使うのに必要らしい)


20151115_07.jpg

キャリア表示部分にdocomoの文字が!

LINEの年齢認証も「ID検索可」になってるし、今のところ快適に使えています。ちょっと骨が折れる作業でしたが、これで2年縛りからは自由になった!



注意点

いくつか注意点を挙げると、

・通話が多い人は大手キャリアを使うほうが安い場合もあるので、まずは料金の試算をした方がよい
・キャリアメール(@i.softbank.jpとか)は使えなくなる
・手厚いサポートは期待できない、自力でいろいろ調べる必要がある
・2年縛りがある人は、2年縛りが解ける月以外に移行すると違約金がかかるので要確認
・LINEの年齢認証の問題などに注意

メリットデメリットありますが、私の場合は、利点の方が大きいかなと思いました。これで月々の支払額が4000円以上は減りそうです。

iPhone 6s自体の使用感などはしばらく使ってレポートしたいと思います!!

関連記事
スポンサーサイト
Posted byasato

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply