付帯の海外旅行保険で見るクレジットカード比較

asato

海外旅行が好きなみなさん、旅行保険には入ってますか?
私はいつも旅行のたびに保険に入っていましたが、クレジットカード付帯の海外旅行保険を有効に使えれば保険料を抑えられたりするのかなーと思い、カード付帯保険のメリットを享受するという視点でのカードの選び方と、留意すべき点について調べてみました。



以下、カード選びのポイントまとめ ↓



★自動付帯保険のものを選ぶ
カード付帯の旅行保険には「自動付帯」と「利用付帯」のものがあります。
自動付帯は、そのカードを持ってるだけで保険に入っている状態になるもの。
利用付帯は、そのカードで旅費(航空券、宿泊費など)を払った場合のみ保険が適用されるもの。
当然、自動付帯のカードを選ぶほうが良いです。


★年会費無料のカードを選ぶ
カード年会費払うんなら、海外旅行保険の保険料を都度払った方がいいかなってことで…


★複数枚作る(複数枚あると、死亡時以外の補償金額は合算される)
旅行保険がついているカードを複数枚持っている場合、死亡時の補償額のみ、それぞれの保険の中で最も高額な金額が上限として適用されます。(合算されない)しかし、それ以外の医療費、盗難などに関しては各カードの保険の上限金額が合算されます。旅行時に、実際に最も補償が必要と思われるのは、ケガや病気になった場合の医療費です。ここが合算できるのは大きいです。また、カード1枚だけだと、補償額が充分でないことが多いので、数枚持っておくのが良いです。


★補償額、補償条件をよく確認
カード付帯の旅行保険は、あくまで「オマケ」です。補償額がかなり少ないとか、死亡時は補償されるけど、ケガや病気は対象外(もしくはその逆)ということもあるので、保険の内容をよく確認しましょう。また、補償対象となる期間はたいがい90日以内のようです。長期の旅行にはカード付帯保険はそもそも向かないですね。


★飛行機遅延やロストバゲージは補償されない
カード付帯の保険では、飛行機が遅延したために余計にかかった宿泊費や、ロストバゲージや荷物遅延に遭った場合の補償は通常ありません。なので、必要ならカード付帯保険に上乗せする形でオーダーメイド保険を追加すると良いかもしれません。


★カードブランドはバラけさせるのがベター
海外旅行時の支払いでカードを使う場合、どのブランドで作るのが良いか?ですが、
VISA、Master Card:どちらもほぼ問題なく使えるので、1枚目はこのどちらかで。
JCB:海外で使えない場合もあるが、現地デスクなどでJCB会員だけのサービスが受けられたりと魅力もある。

現地のお店でVISAカードを使おうとしたら何故かエラーが出た!じゃあMasterで支払う、という風にヘッジできるので、複数作るならバラけさせると良いみたいです。




上記をふまえて、あたし的にイイネ!と思ったカードをご紹介。
※2014年現在の情報です。



JCB EITカード
http://www.jcb.co.jp/ordercard/kojin_card/eit.html

保険の種類:自動付帯
年会費:無料
ブランド:JCB
保険会社:日本興亜損保

6つの柄から選べる、かわゆすなカード。
注意したいのが、リボ払い専用カードであること。月々の支払い上限金額を自分で設定できますが(最大5万円)、ひと月の間に利用額がその設定金額を超えると、超過分は翌月以降の支払いとなり、リボの手数料がかかります。(金額が超えなければ一括払い可)とりあえず上限金額を5万に設定するのがおすすめ。    




エポスカード
https://www.eposcard.co.jp/index.html

保険の種類:自動付帯
年会費:無料
ブランド:VISA
保険会社:三井住友海上

マルイ系のカード。マルイで買い物する時におトクになる特典があったりします。「エポスカード海外サポートデスク」が各都市にあり、観光情報などのサポートを日本語で受けられます。




(番外編)楽天プレミアムカード



保険の種類:利用付帯
年会費:10500円
ブランド:VISA、Master、JCBから選べる
保険会社:三井住友海上

年会費10000円のゴールドカード。保険は利用付帯です。
このカードの最大の利点は、世界の空港のラウンジが使えるカード「プライオリティパス」が特典として無料発行できる(普通に作ると年間4万円近くします)ことで、これ狙いで作る人が多いのです。

だいたいいつもキャンペーンをしていて、入会特典で楽天スーパーポイント10000ポイントとか、13000ポイントとかもらえたりするので、初年度は実質ほぼ無料で使えます。2年目以降は…プライオリティパスを年3〜4回使う(海外旅行に年2回くらい行く)ならペイできるかなーと思います。そんな人生でありたい。(笑)
関連記事
スポンサーサイト
Posted byasato

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply