レンタルで、書籍の自炊をしてみた。感想

asato

2005年頃に「捨てる」生活に目覚め、いろんなモノを厳選するようになりました。きっかけはこの本。


ガラクタ捨てれば自分が見える―風水整理術入門 (小学館文庫)


もう捨てた。かなり捨てた。服とか家具とかの消費材も捨てたが、同時に力を入れたのはいろんな情報のデジタル化&省スペース化。

まだデジカメを持ってなかった頃に、使い捨てカメラで撮った写真は全てスキャナで取り込み、CD-Rなどに保存。数百枚あったアナログレコードは地道に録音してデジタル化し、ターンテーブル2台を売却&友人に譲渡。以降音源のほとんどをダウンロードで購入するように。たまにCDを買っても年に数枚。そのCDも200枚くらいあったのが、今は数分の1の量に。


ひと通りの省スペース化が終わり、捨て生活は落ち着いていたが、再び波が来た…!書籍のデータ化すなわち「自炊」の波が。家にある本をデータ化すれば、またその分スペースが空く…



じ 自炊したい!!!



自炊道具をレンタルしている業者さんがいくつかあるので、申し込み。今回は「スキャレン」さんを利用。サイトからレンタル品配達日を予約。


予約した日に、ドキュメントスキャナと裁断機が届いた。

IMG_3506.jpg


ドキュメントスキャナは、
自炊の定番とされているFUJITSU ScanSnap S1500




裁断機は、PLUS PK-513 というのがメジャーなようですが、
今回届いたのは、PLATA 大型ペーパー断裁機 PC009





さて、自炊開始。裁断機で本のページをバラバラにします。
まずは「クーリエ・ジャポン」でチャレンジ。

IMG_3516.jpg


クーリエは好きでよく読むんですが、完全な電子書籍化はまだ当分ないらしいのね。
というのも、海外の雑誌などに掲載された記事を購入したりしているので、その権利関係の問題があって電子化は難しいとか。なのでモバイル端末で読みたい場合、このように自炊するしか今は方法がないのねぇー。
でも、前の月の号を一部だけ読めるiPhone&iPadアプリがあります。





本題に戻り、裁断した図。サクッと切れてます。

IMG_3517.jpg


PLATAの裁断機は、大型の刃を振り下ろす構造になっています。かなり厚い本でも一気に切れます。300ページくらいは大丈夫。ただ、片側から振り下ろすので、反対側の部分がかなりズレやすいです。紙押さえがついているので、ここをかなりキツくして、本に跡がつくか?っていうくらいギュ〜っと押さえて切ったほうが良いです。切り口が曲がるのを軽減できます。

IMG_3550.jpg



本を裁断したら、スキャン前にパラパラとめくって、ページどうしがくっついていないか、しおりや葉書が挟まっていないか等をチェック。単行本の場合は、表紙の裏に糊付けされている紙をベリっとはがしておきます。これがくっついたままだとスキャンがつまってしまいます。

こういうの。<表紙の裏に糊付けされている紙 ↓

IMG_3549.jpg



ちなみにハードカバーの本も、実はこの紙部分をカッターで切ると表紙が外れるので、そうすればソフトカバーの本と同じように裁断できます。こんな感じ。

IMG_3552.jpg

IMG_3553.jpg

IMG_3554.jpg



準備ができたら、ScanSnapでスキャンします。速い!!

IMG_3520.jpg




スキャナの読み取り設定などについては、すでに先人の方々がまとめてくれているので、このあたりの記事を参考にさせていただきました。

ScanSnap S1500 の設定まとめ




1月の連休は本の裁断とスキャンに没頭しました。
で、本や雑誌、映画パンフレットなど50冊ほどを自炊してみた感想。


とりあえずPLATAの裁断機、ほんとにデカい。そして重い。12kgくらいあるらしい。これを家に置いておく気にはならない…これはレンタルにして正解だった。


もし自宅用に裁断機を買うとしたら、サイズ的にこのあたりが良さそう。



カール事務器 ディスクカッター DC-210N



一方、ScanSnapは非常にコンパクト。こっちは普通に欲しい。本だけでなく、いろんな書類を気軽に電子化できるものね。たとえば電気代のお知らせ、携帯電話やスポーツクラブの契約書、カードのご利用明細、旅先でもらったパンフレットやチケット、など。

ただScanSnapはA4ワイドサイズに対応していないのだけが残念!(A3サイズの紙を折りたたんで読み込み、あとで結合するという機能はあるが、面倒なのとあまりきれいにならないみたい)A4ワイド判の雑誌をを取り込みたい時は、両端を切るとかしてスキャナに入るサイズにしないといけないのね。出来る限り記事の本文を切らないように気を使ってね…。A4ワイド、対応してほしいなあ。需要あると思うねんけどなあ。
A4ワイド判の雑誌はけっこうあります。女性誌に多い。そしてウチにストックしていた音楽雑誌。PATi-PATiとか、POPBEATとか、NewsMakerとか!がんばってカットして取り込みました。90年代のCASCADEの切り抜きも、これでデジタルで見られるようになったぜ!


ScanSnapはちょっと本気で購入を検討したいなぁー


自炊に興味が有る方は、まずはレンタルという手もあるよ。というまとめでした。
関連記事
スポンサーサイト



Posted byasato

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply