映画「シングルマン」(イラスト感想)

asato



DVDで見ました。

「シングルマン」
グッチやイヴ・サンローランのデザイナーも務めた稀有のファッションデザイナー、トム・フォード氏初監督作品。
1962年のLA。大学で英文学を教える教授、ジョージ。16年共に暮らしたパートナーを亡くして8ヶ月、喪失感と孤独が癒されることはなく、愛する者を失った人生に意味はあるのか?そう考えた彼は自らの手で人生を終わらせようと決意する。その、人生最後の日。

今日が最後の一日だと思って生きるジョージの目には、日常の何気ない幸せや周りの人の好意が実感を伴って見えてくる。隣人との他愛のない会話。大学の講義ではいつになく熱弁を振るう。かつての恋人で現在は親友のチャーリーを訪ね、話し、笑う。そんな一日を、ジョージは噛みしめるように過ごしていきます。

その様子を切り取った映像、色彩、すべてが美しい。過去に生き、死を決意したジョージの内面を反映したようなセピアがかった色調。しかし時折、他者との関わりを持ち、生きることへの希望が心をかすめ、「今」に目を向けた瞬間、さっとヴィヴィッドな色調に変化する、という演出が秀逸。

ジョージ教授はゲイなので元パートナーは男性なのですが、その人(ジム)も含めて若いイケメンが出てくるのもポイントかな(笑)。いや本当に、男達の美しさは特筆すべきところです。自身もゲイであることをカミングアウトしているトム・フォード監督の美意識が発揮されています。

天使のような教え子のケニー、彼は教授に救いをもたらすキーパーソンですが、カワイかった。そしてスペイン出身の青年カルロス。この人がいちばんフェロモン出てた。リカーショップの前で出会って話しただけだけど鮮烈な印象を残します。こんな人に誘われたら心動かずにいられないよねぇー。教授、もったいないよ~!もうみんなホントに美青年。ウットリ。彼らは若く、生を象徴するような存在だからなのでしょう、とても官能的に、美しく撮られています。

そして、最愛のパートナーであったジム。彼と暮らした日々や、出会った頃の回想。幸せだった過去の日々と、それを失ったジョージの悲しみが迫ってきます。そして、かすかに現れる生への希望。
人生っていいなっていうか、今を大切に生きたいなと思わせてくれる映画でした。


シングルマン コレクターズ・エディション [DVD]

関連記事
スポンサーサイト



Posted byasato

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply